襖を使った創作和風家具 fuscoma(ふすこま) 和風のテレビ台やリビングに

  ★コンテンツデータベースから登録  ★2017/06/27 当社オリジナル家具「fuscoma.」がOMTENASHI SELECTION 2017を受賞しました   ★2016/01/28 当社のオリジナル家具「fuscoma」がウッドデザイン賞2015を受賞しました   ★2015/07/07 fuscoma専用ページ 公開いたしました。   ★2015/06/23 東京 デザイン製品展 DESIGN TOKYO 出展いたします
襖の独立 経師の試み





 Topics 
■2017/06/27
当社オリジナル家具「fuscoma.」がOMTENASHI SELECTION 2017を受賞しました

■2016/01/28
当社のオリジナル家具「fuscoma」がウッドデザイン賞2015を受賞しました

■2015/07/07
fuscoma専用ページ 公開いたしました。

■2015/06/23
東京 デザイン製品展 DESIGN TOKYO 出展いたします




products
「日本独特」の和紙を使った建具である襖の文化。
和紙は昨年、その製作技術が世界遺産に認定された日本固有の文化。
その、和紙のもつ多彩な優雅さ華やかさ、その風合いが、現在の生活と気持ちに新しい「気づき」を与えると共に、襖のもつ機能のひとつである「張替え」が、この製品に豊かな可能性をもたせている。さらにその「張替え」という仕事が襖職人の職の支えにも貢献できる。



製品説明

襖本体と木製無垢材の躯体からなる収納棚シリーズ。
洋室はもとより、和室にも違和感なく設置できるデザイン。シリーズ展開し、TVボードタイプの「杜」と飾り棚タイプの「季」からなる。
デザインコンセプトは「襖」であるということ。
襖という和の文化そのものに今までにない機能を負荷した製品の開発を基本とした。

当製品の特徴

「襖」であることから、和風や和室用になってしまいがちなデザインを、エッジのある躯体形状から、「和」以外の空間に設置してもその場の空気に馴染み、また引き締めるデザインであること。

和紙の種類数からみて「張替え」によって、無限のバリエーションが存在するこの製品は、主張のない形骸化してしまう「家具」になりかねない。前面及び後面の襖パネル部ではなく、通常の襖では脇役の縁(フチ)といわれる木枠部分に「収納という機能」と「存在感」を持たせることにより、その空間に有り続ける意味を持ったデザインであるということ。

摩擦に弱いという和紙の特性を考え、開閉時にも和紙に極力触れないような取手の形状を考案。経年劣化を抑えるデザインであるということ。

襖の引手の加工技法である「塵落とし」を、襖側ではなく本体側の取手が納まる部分に採用し、美しさと機能を与えたこと。








products


製品躯体は天然木無垢材を使用しています。
その美しい木目は、製品の個性となり、唯一無二の存在感は圧倒的です。

使用木材
■ウォルナット

クルミ科の落葉広葉樹。
色は薄褐色から濃褐色で木目は不規則な濃淡の縞を有しています。
木目の美しさから、古くから高級家具材や工芸用材として用いられています。
また、衝撃に強く硬い材で楽器材などにも利用されています。
使用木材
■ブラックチェリー

バラ科サクラ属の広葉樹。
当社では心材部分を使用。淡い紅褐色から濃い紅褐色で、使い込むほどに飴色に変色します。
木肌は緻密で表面の仕上がりはとても美しいです。材面に、樹脂痕による黒い斑点や筋状の模様が入るのが特徴で、これが製品の個性になります。
■ナラ

ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。国産材。
ブラウン系の灰白色から、暗灰褐色。柾目面に虎斑(とらふ)が現われるのが美しいです。
当社で使用している木材のなかでは、もっとも落ち着いた雰囲気が味わえます。
硬い木材で、昔から多くの加工品に使用されています。

fuscoma(ふすこま) 襖を使った和風創作家具
〒252-0225
神奈川県相模原市中央区緑が丘2-33-18
Tel:042-707-7320/ Fax:042-756-5789
クロハチインテリアデザイン 2017 All rights reserved. Powered by POOSNET